研究成果

本プロジェクトにかかわる研究成果を掲載しています

[論文]
 

[学会報告]
The International Conference: Problems and Perspectives for Japan in a Changing World: Thirty Years of Japanese Studies in Poznan, Adam Mickiewicz University, Poland, December 7-9, 2017.
Toru Oga, “Institutional and Non-institutional Politics of Human Rights Legislation in Japan: Actors, Structures, and Dynamics”
Kyoko Tominaga, “From the Street to Retreat: the Case of Anti-national Security Bill Movement in Japan 2015”

第90回日本社会学会大会「部会 歴史・社会史 (1)」、東京大学本郷キャンパス、2017年11月4‐5日
北田暁大「パークとデュボイス--その調査方法論と人種観の差異をめぐって」
 

[その他]
– (講演)富永京子「社会運動と選挙運動――制度化に伴う集合行動の変容」北海道大学法理論研究会定例研究会、北海道大学法学部、2017年12月16日
– (インタビュー)富永京子「社会運動から見えてくる『若者と政治』の在り方」 『第三文明』2018年1月号